About
20200902譁ー蝠・刀繧サ繝ャ繧ッ繝・_DSF0011.jpg

地方創生、地域活性化という言葉を耳にする機会が増えています。

 

ただ、多くの場合、その目指す先が、都会のモノを持ってくるやどこかの地域で上手くいったものをそのまましてしまうこととして使われていることを多く散見します。

 

そういう在り方としての地域創生ではなく、本当にその地域らしさは何か、その地域の良さは何か、関係する人たちがあえてそれをする理由は何かということを考え、それに基づいた計画や行動をしていくことが本来のあるべき姿だと思っています。

 

そんな地方の良さを探し、表現し、伝えていく姿を、課題先進県と言われる「鳥取県」から自分たちで体現していくことで、少しでも地方の良さに気づく社会づくりを目指しています。

目指しているのは
​地方の良さに気づく社会づくり
20210423繧ェ繝シ繝輔z繝ウ繧サ繝ャ繧ッ繝・_DSF0596.jpg
大切にしているのは
自分たちも
しっかりと地方に​拠点を置くこと

地方に拠点を置かずに、地方創生を行う。

 

私たちは、そんな矛盾を結構多く見ています。もちろん、専門知識や外部から知見をいただくことの必要性は承知しています。

 

ただ、プレーヤーとして行う拠点の会社は

地方に根差した企業であるべきだと思っています。

 

そのため、私たちは地方にメインの拠点を置き、そしてその中で出てくる課題を体感し、

さらにはそこでより幸せな生き方を実際に模索していきます。

川写真②-min.jpg
積極的に学ぶために
毎月必ず地域の外へ出てみる

地方創生とはいえ、多くの情報は人口の多い地域に集まります。

 

そのため、インプットをできる限り都市部でもしっかりと行う機会づくり、

 

そして、同じような人口規模の地方などに出かけていくことが絶対に必要です。

 

その地域ならではの良さを見つけていく絶対的な価値の発見には、意外と他の地域にはなくて、ここにはあるという相対的な視点が必要だったりします。

 

そういった意味でも、毎月必ず他の地域で何かのインプットを行っています。